• 受診される方へ:アクセス・診療時間・診療科目
  • 入院される方へ:入院案内・面会案内
  • 病院紹介:施設概要・設備
  • 医療関係者の方へ:病診連携

病院理念と挨拶

HOME > 日進おりど病院理念

日進おりど病院の理念

rinen.jpg

 

 

ご挨拶

SP.JPG日進おりど病院
理事長

大島 亮

  皆さまこんにちは。理事長の大島 亮と申します。

当医療法人は今から39年前、1980年に当時の日進町におりど病院を設立させていただきました。当時は日進市の人口も約4万人ほどでしたが、その後人口増加が目覚ましく、現在では倍以上の約9万人を超える方々が生活をされております。

現在私どもは病院の理念 「わたしたちは、質の高い医療の提供を常に心掛け、地域住民から信頼され、社会に貢献できる医療施設を目指します。」に則って日々業務を行っております。

2007年健診機関である予防医学推進研究センター開設。2011年より病児病後児保育開始。2012年在宅センターを開設し更に在宅診療、訪問看護といった在宅医療を強化。2013年には愛知県より二次救急指定病院の認可をいただきました。2014年いち早く地域包括ケア病床開設し地域医療連携にも取り組んでおります。2017年患者様のお声と行政のお力をお借りしてくるりんバスのバス停を設置いただき、ますます地域の皆様の利便性の向上を図ることができました。また同年、住宅型有料老人ホームの運営を開始しております。

今後はますます有能な医師たち、スタッフとともに日常診療を充実させ、最新の医療器機を備えたよりよい施設作りを行い、皆さま方に安心して利用していただける病院を作っていきたいと考えております。

皆様方の健やかな生活のため是非とも大医会をご利用ください。

endouinchou.jpg

日進おりど病院
院長

遠藤 茂夫

平成28年4月1日より、中川前院長の後を受け院長に就任しました遠藤茂夫です。

私たちの病院は、日進市という全国的にも人口増加率がトップクラスの地域の病院として、また地理的には藤田保健衛生大学、愛知医科大学、2つの大学病院の中間に位置する病院として地域医療に取り組んで参りました。近年では救急医療にも更に力を入れ、平成25年4月より二次救急医療施設としての要請を受けその重責を担っております。また、急性期を過ぎた患者様がスムーズに在宅復帰できるよう平成26年6月より地域包括ケア病床を設置するとともに、退院後におきましても安心して生活が送れるよう在宅支援を積極的に行っております。

個々の診療面では、平成26年に整形外科専門医研修施設、消化器内視鏡学会指導施設、日本消化管学会胃腸科指導施設、平成27年には日本消化器学会認定施設を取得しました。また平成26年9月より電子カルテを導入し、業務の効率化による患者様の待ち時間の短縮、各部門でリアルタイムに情報を共有することで更なる医療の質の向上に取り組んでおります。

これからも地域の中核病院として、常に質の高い医療の提供を心掛け、地域住民の皆様から信頼される病院を目指し精進を続けて参る所存です。何卒御支援の程宜しくお願い致します。

ページの先頭へ戻る

外来案内

救急外来

健康診断

採用情報