• 受診される方へ:アクセス・診療時間・診療科目
  • 入院される方へ:入院案内・面会案内
  • 病院紹介:施設概要・設備
  • 医療関係者の方へ:病診連携

医師紹介

HOME > 医師紹介

外科

大島 亮

【役職名】

 理事長

 

【資格/専門分野】

 外科専門医

 日本医師会認定産業医

 麻酔科標榜医

 日本消化管学会専門医

 認知症サポート医

 

【経歴】

 昭和60年 東海高等学校卒業

 平成3年 藤田保健衛生大学医学部卒業

 平成5年 川崎市立川崎病院勤務

 平成6年 藤田保健衛生大学 坂文種報徳曾病院 (現藤田医科大学ばんたね病院) 外科勤務

 平成9年 藤田保健衛生大学大学院卒業

 平成9年 日進おりど病院 勤務

 平成16年 同 副理事長

 令和元年 同 理事長

 

【患者様へ】

 平成9年より日進の地で診療を行っております。そして令和元年6月、当法人の理事長になりました。

 当院の理念のとおり、質の高い医療の提供を心がけ、地域の皆様より信頼され、皆様に貢献できる医療施設を

つくることをモットーにやっております。今でも初代の理事長であります私の父親の話をお聞かせ下さる患者様が

おみえになります。覚えていただき本当に嬉しい限りです。

 私も長きにわたり地域医療に貢献していきたいと考えております。一応専門は外科一般ですが、なんでもお気軽に

お声がけ下されば幸いです。今後も大医会ともどもよろしくお願い致します。

 

 

松井 寛

【役職】

 副院長

 

【資格/専門分野】

 日本外科学会外科専門医

 日本呼吸器学会呼吸器専門医

 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医医

 日本胸部外科学会認定医

 日本消化管学会胃腸科専門医

 麻酔科標榜医

 人間ドック健診専門医・指導医

 労働衛生コンサルタント

 

【経歴】

 平成元年 名古屋市立大学 医学部 卒業

 平成2年 聖隷三方病院 呼吸器血管外科勤務

 平成3年 トヨタ記念病院 外科勤務

 平成5年 名古屋市立大学 医学部第二外科勤務

 平成7年 日進おりど病院 勤務

 平成25年 同 救急外来統括部長

 平成30年 同 日進おりど病院副院長

 

【患者様へ】

 外科の松井です。日進おりど病院は昭和55年の開院以来、診察時間外の急患の患者様のために24時間365日救急外来を行っており、平成25年には、尾張東部医療圏における第2次救急医療施設に指定されました。夜間・休日も診療に必要不可欠な採血・心電図・X線撮影・CTなどの検査や入院などすぐに提供できるよう体制を整えております。当院で対応困難な患者様には大学病院などの高度救急医療施設と連携していますので安心してご受診ください。
 また外科医として毎週手術にも臨んでいます。従来、お腹を切り開いていた手術が、腹腔鏡を使うことで傷口を小さく、また退院を早くすることができるようになりました。胆嚢摘出術から始まった腹腔鏡を使った手術が、胃や大腸の手術などに応用され、当院でも積極的に腹腔鏡下での手術を行っております。
 患者様にとって一番良い治療を考えて行う事を常に心がけています。診察の際は遠慮なくご自身の症状を何でもお話ください。検査結果からだけではなく、その会話の中でも今後の治療などの判断ができることもあります。今度も精一杯邁進してまいりますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

白石 天三

【役職】

 副院長

 

【資格/専門分野】

 日本外科学会 専門医

 日本消化器病学会 専門医

 消化器癌治療 認定医

 日本消化器内視鏡学会 専門医

 消化器外科学会 認定医

 藤田医科大学ばんたね病院外科 客員講師

 

【経歴】

 昭和61年 藤田保健衛生大学(現藤田医科大学)医学部 卒業

 同年 国立東京第二病院(現東京医療センター)勤務

 平成3年 社会保険埼玉中央病院 勤務

  平成17年 藤田保健衛生大学 坂文種報徳曾病院(現藤田医科大学ばんたね病院) 外科講師

 平成23年 米ニューヨーク新谷CL 内視鏡研修を経て 日進おりど病院勤務

 平成24年 日進おりど病院 診療技術部長

 平成28年 同 副院長

 

【患者様へ】

 私の専門分野は消化器外科です。消化器外科では、食べたものを消化・吸収して排出するまでに使われる消化器管の治療を専門とする診療科です。
 なるべく痛みの少ない治療を心掛けています。手術については、「末梢血管」、「乳腺」、「痔核」、「ヘルニア」等多岐にわたる手術をこなしてまいりましたが、その中でも「腹腔鏡治療」に最も力を入れています。
 腹腔鏡の手術は開腹手術の場合より明らかに創が小さく早期回復が可能となり社会復帰が早くできます。時間と手間はかかりますが、患者様の痛みが少なく、合併症も少ないなどの多くのメリットがあります。すべての方が適用ではありませんが、少しでも患者様の負担を減らす治療が必要であると考え、そのためにいつもアンテナを張り巡らし、最新情報を収集し、最新の治療を提供する努力を怠ってはならないと考えています。患者様が退院時に「思っていたより楽でした」と言っていただけると喜びを感じます。
 日進おりど病院は大学病院やがんセンターのような大規模な病院には手術件数では及びませんが、その分患者様一人一人に寄り添ったテーラーメイドの治療ができていると自負しています。

※【参】腹腔鏡下手術とは、臍部(おへそ)の周囲から直径2~10mmの内視鏡を腹腔内に挿入し、テレビモニターに映し出された映像を見ながら手術を行う術式のこと

 

 

内科

小池 光正

準備中

 

遠藤 茂夫

準備中

 

藤田 浩史

【役職名】

 内視鏡センター長

 消化器内科部長

 

【資格/専門分野】

 日本内科学会 認定内科医   総合内科  専門医/指導医

 日本消化器病学会 専門医/指導医

 日本消化器内視鏡学会 専門医/指導医

 日本消化管学会胃腸科 専門医/指導医

 

【経歴】

 平成11年 藤田保健衛生大学医学部 卒業

 平成17年 藤田保健衛生大学院 卒業

 平成18年 カロリンスカ大学病院 内視鏡センター 

 平成19年 藤田保健衛生大学 医学部 消化器内科 

 平成24年 日進おりど病院 内科

 平成27年 同 消化器内科部長

 平成28年 同 副院長

 平成30年 同 内視鏡センター長

 

【患者様へ】

 平成25年2月よりピロリ菌感染による慢性胃炎に対して除菌治療が保険で認められました。慢性胃炎のピロリ菌の除菌には現在の胃癌の存在の否定が必要なため胃カメラが必須となります。当院では苦痛の軽減を目的に鼻からの内視鏡や眠り薬を使用する取り組みも行っています。
 最近ではピロリ菌のいる慢性胃炎の人といない健常な人の間には胃癌発生率が20倍以上あり、除菌により胃癌の発生率を3~6割に低減できる可能性が示唆されているため、患者様には積極的な除菌治療を勧めております。また慢性胃炎に除菌を行う事で胃癌の発生率も年々低下している事が確認されています。
 当院では大腸内視鏡にも力をいれており、オリンパス社製の内視鏡を導入し、内視鏡治療か外科治療の判断を行っています。
健康診断等での便潜血反応陽性で大腸内視鏡検査を受けた方からの大腸癌は内視鏡で治療できる方が多く、手術が必要な方でもほとんど根治可能であることが分かっています。
 癌は「早期発見」の時代から「予防」の時代に変わりました。近隣の開業医の諸先生方との連携を密にし、日進市をはじめ尾張東部地区が全国で最も胃癌・大腸癌の発生が少ない地域になるよう尽力致します。当院の使命として検査の向上を目指し、精査対象者への迅速な精密検査や治療を行って参りますのでお気軽にご相談ください。


大島 慶太

【役職名】

 診療技術部長

 

【資格/専門分野】

 日本循環器学会・ 日本内科学会に所属

 

【経歴】

 平成8年 藤田保健衛生大学医学部 卒業

 平成10年 藤田保健衛生大学循環器内科 入局

 平成14年 藤田保健衛生大学大学院医学研究科博士課程修了

 平成25年~27年 日進おりど病院 副院長

 平成28年~令和2年 医療法人大医会 常務理事

 平成31年より 藤田医科大学 医学部 客員教授

 

【患者様へ】

平素より日進おりど病院をご利用いただき心より感謝しております。当院に入職以来、たくさんの患者様と診察を通して出会う事ができました。
 私の専門分野は循環器内科、すなわち心臓の病気を診る内科です。日本の死因第2位になっている心疾患。それ程怖い心疾患を専門としているのが循環器内科です。『症状』としては動機・息切れ・胸の痛み・息苦しさ・失神などです。『病気』としては心筋梗塞・狭心症・不整脈・心不全・高血圧・大動脈瘤・大動脈解離・弁膜症・心筋症・高コレステロールといったものです。
 当院では出来ない心臓カテーテルによる治療や心臓血管外科的な治療が必要な場合には、大学病院(藤田医科大学病院・愛知医科大学病院)や八事日赤病院などに速やかにご紹介(救急搬送も含めて)できる体制を整えております。
 最後に、皆様が何か少しでも気になる事がございましたら、心臓の事はもちろん、他のことでもお気軽にご相談ください。当院で出来る出来ないに関わらず、皆様にとって最良のマネージメントを全力でさせていただきます。これが当院の理念であり、使命であると考えております。今後ともに日進おりど病院を末永く宜しくお願い申し上げます。

 

 

北洞 洋樹

【資格/専門分野】

 日本内科学会認定医

 日本消化管学会専門医

 日本消化管内視鏡学会専門医

 

【経歴】  

 平成20年 愛知医科大学医学部 卒業

 平成20年 名古屋掖済会病院 消化器科勤務

 平成25年 愛知医科大学 消化管内科勤務

 平成29年 福祉村病院 内科

 平成30年 日進おりど病院 内科

 

【患者様へ】 

 専門分野は消化器内科で、特に消化管分野を専門としております。炎症性腸疾患(代表的疾患として潰瘍性大腸炎やクローン病など)は、食事の西洋化や若年時からの抗生剤の利用など色々な原因が言われていますが、最近では増加傾向にある自己免疫疾患(自分の体が自分の体を攻撃してしまう病気)が主な原因と言われています。実際当院の外来でも、炎症性腸疾患の患者様を少なくない頻度で認められています。
 炎症性腸疾患に関して、最近では少しずつ治療薬や考え方が変化してきました。代表的な潰瘍性大腸炎ではステロイド治療が中心でしたが、現在ではステロイドだけではなく免疫抑制剤等を使用しています。また以前は症状の改善を中心としていましたが、それのみでは癌の発生率が低くはならないとして、大腸カメラで確認し粘膜の治療を目指していくことも一般的になっています。炎症性腸疾患は、現在も分子標的治療薬などの新薬が開発されてきておりますので、患者様にフィードバック出来るよう努力してまいります。
 一般内科に関しても興味深い話題があれば提供していく所存ですので今後とも宜しくお願い致します。

頼住 美穂

準備中

 

整形外科

山田 治基

【役職】

 整形外科顧問

 

【資格/専門分野】

  日本整形外科学会専門医

  日本リウマチ学会認定医

 

【経歴】

 昭和54年 慶応義塾大学 医学部 卒業

 同年    同整形外科教室 入局

 平成5年  防衛医科大学校 整形外科 講師

  平成10年  藤田保健衛生大学(現藤田医科大学)第二教育病院整形外科助教授

  平成14年  藤田保健衛生大学(現藤田医科大学)整形外科 教授

  平成31年  日進おりど病院 整形外科顧問

 

【患者様へ】

 整形外科は頸や腰などの脊椎、膝や股関節などの体重のかかる関節、肩から手までの上肢など広範囲な部位(運動器)の疾患や外傷を扱う診療科です。高齢者で問題となる骨折が起こりやすくなる骨粗鬆症は様々な診療科で診察を行いますが、当科では骨折の予防治療、実際に起こした骨折の手術、骨折後のリハビリまでを一貫して担当します。
 また、当院では人工関節センターを併設し、膝や股関節の痛みの高度な患者様には短期間の入院で痛みや歩行能力の改善に著しい人工関節置換術を行っています。
 運動器の疾患は痛みや体を自由に動かせないなどの運動機能低下を来しますが、その治療法は個々の患者様の症状、体力、家庭のご事情などに応じて選択するようにしています。
 近隣の専門病院を含めた協力体制により、ほとんどの手術を含めた専門的治療に対応しています。また、藤田医科大学、愛知医科大学など近隣大学病院との連携を強化して各領域の疾患に多くの経験を有する医師による外来診療体制を構築しております。
 私も微力ではありますが、大学での長年の経験を活かし、日進おりど病院を受診していただいた患者様のお役に立ちたいと思っております。

 

皮膚科

相山 明輝

【役職】

 皮膚科部長

 

【資格/専門分野】

 日本皮膚科学会

  日本アレルギー学会

  日本美容皮膚科学会

  日本皮膚科学会専門医

 

【経歴】

 平成20年 名古屋大学医学部 卒業

 平成23年 名古屋大学医学部附属病院 皮膚科医員

 平成26年 半田市立半田病院 皮膚科 医員

 平成28年 一宮市立市民病院 皮膚科 副医長

 平成31年 日進おりど病院 就任

 令和2年 同上 皮膚科 部長

 

【患者様へ】

 大学病院では一般的な皮膚疾患から、悪性腫瘍や膠原病など、専門性の高い診療に携わり、その後は地域の基幹病院である市民病院で、様々な皮膚疾患を、手術や光線治療、レーザー治療など含めて、幅広く診療に取り組んで参りました。

 皮膚科で取り扱う疾患としましては、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎などの湿疹・皮膚炎や、白癬や帯状疱疹、伝染性膿痂疹などの感染症、アザやシミ、皮膚腫瘍、熱傷や褥瘡などの皮膚障害など多岐に渡ります。それらに対し、問診や視診を行い、必要があれば血液検査や皮膚生検、画像検査などを行い診断し、治療にあたります。当院は内科や外科、整形外科、小児科など様々な診療科のある総合病院であり、皮膚科診療においても、他科との連携が必要となる疾患がありますので、そういった他科との連携を生かした診療や、また血液検査やエコー、CT、MRIなど各種検査が当院で可能な点など、総合病院としての特色を生かした皮膚科診療を行っていきたいと考えております。皮膚科を受診される方は、小児から高齢者まで年齢層が幅広く、また患者数も多い診療科であることが特徴ですので、様々な皮膚のトラブルに対して、地域の皆様に広く、また安心して受診していただけるように努めていく所存ですので、よろしくお願い致します。

 

放射線科

小平 泰永医師

【役職】

 放射線科部長

 

【資格/専門分野】

 日本医学放射線学会

 放射線診断専門医

 日本核医学学会 核医学専門医

 PET核医学認定医

 

【経歴】

 平成9年 昭和大学放射線医学研究科博士課程修了 

  平成9年 昭和大学医学部放射線医学教室 員外助手

 平成10年 太田熱海病院 放射線科部長

 平成13年 総合東北病院 放射線科科長

 平成15年 福島県立医科大学 放射線科臨床助教授

 平成17年 藤田保健衛生大学坂文種報徳曾病院 放射線科講師

 平成23年 日進おりど病院 放射線科部長

 ※藤田医科大学放射線科 客員講師

 

【患者様へ】

 放射線科医をご存じですか?皆さんはレントゲンを撮ってくれる放射線技師はよくご存じかと思いますが、放射線業務を専門とする医師が存在します。放射線科医は大学病院などの大病院には必ずいますが、数が少ないために、当院規模の施設には不在の場合が多いです。日本ではCTやMRI等の高度医療機器の普及が他先進国に比べて進んでいますが、これらの画像を専門的に管理診断する放射線科医の数が少ないのが現状です。
 放射線科専門医には画像診断と画像下治療(血管内治療などのIVR)を専門とする『放射線科診断専門医』と腫瘍等に放射線治療するための治療計画をたて管理する『放射線科治療専門医』が存在します。私は『放射線科診断専門医』ですが、『放射線科治療専門医』はなり手が少なく、更に稀少な存在です。
 現代医学において画像診断の役割はきわめて重要であり、高品質を保つためには専門的医療知識が必要です。また皆様がレントゲン検査を受ける際には被曝という不利益を被りますが、画像診断によりもたらされる利益がこの不利益を上回るように検査を調整し、被曝量をできる限り減らすことが重要です。
 放射線診断専門医は皆様方に質の高い効果的な画像診断を提供するために機器や検査を管理し、写真を見て病気の種類や範囲などを調べ、主治医に報告します。
 皆様方を直接診察することはほとんどありませんので、お会いする機会は少ないと思いますが、日進おりど病院をより高い診断レベルにするために日々努力しております。

 

 

ページの先頭へ戻る

診療科目

救急外来(24時間対応)

健康診断

採用情報